新幹線のお掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?

著:遠藤 功

私の評価:☆☆☆☆☆

 

 

kindleで本を探していて、たまたまセールで安くなっていたので購入。

しかし、買ったこともすっかり忘れ、違う本を読んでいたのですが、

その本に飽き、、、

何か無いかな~?

と、本の一覧を見て、買ったことを思い出し、読みはじめました。

 
スポンサードリンク

 

そしたら、なんと!

めっちゃ感動する・・・

自分が年なのかもしれないけど、感動する。

通勤の電車内で読んでいたのだけど、涙目になってしまい、焦った(笑)

 

「掃除」という仕事が、こんなにも素晴らしい仕事になるなんて!

同じ仕事でも、その仕事に対する想いと、チームワークで

全く違う仕事に変わるんですね。

こういうことって、職場全体の雰囲気、特に上の人の姿勢が大事ですよね。

上に立つ人が、どれだけ誠意を持って仕事・部下に接することができるか?

それを見て、下は育つワケで、、、

理不尽な言動ばかりしている上司の下にいたら、そういう部下しか育たない。

逆に、誠意を持って、真摯に仕事に打ち込む上司の下にいれば、

同様に素敵な部下が育つものですよね。

・・・なかなか難しいことですけどね。。(汗

 

でも実際には、この本のように素敵な仕事をしている人たちが存在する。

自分も見習って、今の仕事を素敵な仕事に変えたいな、

と思わずにはいられない、心温まる一冊でした。

 

気が滅入ったときに読むのもおススメかも?

 


 
スポンサードリンク