雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール

著:齋藤 孝

私の評価:☆☆☆☆☆

 

本当なら、「上手に話す方法」といった本が欲しくなるのだけど、

「雑談力」

という言葉に、妙にインパクトを覚え、即購入。

予想以上に内容が面白く感じられ、あっという間に読破した。

 

要は、人との会話は、大きく分けて2種類。

ひとつは、結論を出すための会話。つまり会議とか。

もうひとつは、雑談。

ということは?

話していることのほとんどが雑談なんじゃない!?

しかも、その雑談の中で、人間性が見られてしまうという・・・

言われてみれば、確かに。。

誰とでも、何気ない雑談ができる人は好感度が高い。

逆に雑談すらできない人は、なに考えているのか分からない人、と思われる。

雑談って大事なんですね。

内容はほんとに何でもいいらしく、

結論を出さない連想ゲームだと思えばいい、とのこと。

そう聞くと、安心する。

女性の得意分野です(笑)

相手の言わんとしていることをうまく掴みつつ、

どんどん話を連想させて転がしていく。

実践してみたら、コレが楽しいんだわw

雑談にハマりそうです(笑)